米原市在住の看護師Y.Nさん(25歳)

私が最初に就職した病院は、長浜市内の中規模の病院でした。
当時の私は22歳でした。

 

新卒での面接

県外の大学で看護を学んでいたのですが、地元にUターン就職したく米原や長浜の病院を探していました。
ちょうど大学の先生からの病院を紹介していただき、面接をいていただくことになったのです。。

 

面接をした時の担当は院長と婦長、専務取締役の面々が並んでおりました。
最初に質問された内容は、「これから医療に従事する者として何が大切か?」でした。

 

ずっと、病院に入ることを夢見ていた私にとってこの質問は簡単に答えることができました。
「何があろうと。あきらめない精神、それは医者も看護師も医療に従事する者として一緒です。」言い切った感がありました。

 

面接官の方々も納得の顔です。
しかし、一人だけいい顔をしない人がいました。
婦長です。
鼻で笑ったような、見下したような表情でした。
私はどうしてそんな顔をするのかわかりませんでした。

 

面接の結果

そして結果は合格でした。
私はついに看護師になるスタートラインに立つことができたのです。
その時はとてもうれしくて、家族でケーキを食べたり、彼氏ともお祝いをしました。

 

看護師デビューの日

期待に胸を膨らませて初出勤の日。
入社式が終わると、看護課のオリエンテーション。
あの婦長がいました。
私は忘れかけていた面接での出来事を思い出し、少し身構えてしまいました。
しかし私が元気に挨拶をすると、向こうも愛想良く反応してくれ、面接の時の感じはありません。

 

面接のときの表情は、きっと私の見間違いだったのだと自分に言い聞かせ、張り切って仕事をしていました。
看護課にいる人たちはみんなやさしく接してくれてここを選んで良かったとその時は思っていました。

 

 

状況が一変した・・

ある日の事です。

 

私は先輩上司のAさんと一緒に薬剤の選別をしていました。
Aさんが、薬を取り違え、他の部屋に配ってしまったのです。婦長が真っ先に飛んできて、怒りました。
でも、あろうことか私に真っ先に怒ったのです。「あんなたのね!?こんなこともできないなんてあんたやる気あんの!?」
私は何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。
どうして、私を真っ先に疑うのか。

 

新人だから?それからというものの婦長はなにかと私を目につけ、監視をしています。

 

職場に行くのが憂鬱になり、その病院は退職しました。
看護婦さんって性格悪いっていうけど、婦長さんが悪いと雰囲気がガラッと変わります。

 

転職活動

大手求人サイトに登録して、病院の求人情報を集めました。
さらに大津市にある転職エージェントへも相談をしました。

 

長浜市内の総合病院に転職でき、とても雰囲気の良い環境で働けています。
看護師が就職や転職をするには、まず情報を集めるのが先です。
けどネットでは分からない職場の雰囲気などは、転職エージェントの方が情報を持っているので、どこかの転職エージェント会社に登録するのは必須な感じでした。