奨学金で就職先が選べなかった看護師の話

看護師の奨学金
わたしは看護学校に通っていた時、附属の病院から奨学金を借りていました。
奨学金を借りられる条件は、その附属病院で三年間働くこと。

 

今考えれば借金で強制労働させる、人身売買じゃないかと思うのですが・・・。

 

面接はありましたが形だけのもので、面接を受けた人全員採用されていました。
万年人手不足なのも大きいとは思いますが。

 

看護師として働き始めて

いざ働き始めると、忙しさに目が回りました。
慣れない看護師の仕事であり、覚えることや勉強しなければならないことがかなり多いからです。
しかも新人が重要な人手とカウントされており、研修中だからとのんびりできません。
そのため毎日3時間は残業していました。
しかし残業してはいるものの、新人なため残業代を請求することもできず、安月給の長時間労働で心が折れてしまいそうでした。
なぜ、そこまで残業が多いかというと、主婦さんや中堅以降のベテラン看護師の手伝いをして、早く帰ってもらおう!という暗黙のルールがあったためです。
若い年層の単身者は、遅くまで残業をするのが当たり前という雰囲気で、仕事を手伝ってもあまり感謝されませんでした。
残業でクタクタになった後に、帰宅して自己学習というのもとても辛かったです。
おまけにやたらと研修会が多く、休日でも当然のように参加を義務づけられていました。

 

自分の好きな事をできる時間というのが少なく、ストレスフルな毎日でした。
なぜこの状態でも辞めずに働けたかというと、同じ学校から入職してきた同僚が多かったことが一番の理由です。
つらい環境にいるからこそ、愚痴を言い合ったり、一緒に泣いてくれたりと、支え合うことができました。

 

その後

つらい1.2年目を乗り切ってすぐに結婚し、その病院は退職しました。
その後看護師求人センターの力を借り、別の病院に転職して無事に奨学金の返済は完了しました。
現在は産休中です。
ある程度子供が大きくなってから復帰予定ですが、またあの日常が待っているのかと不安もあります。
本当はもっと残業・夜勤が少ない病院に転職したいとは思いますが、産休・育休をいただく予定なので、そうはいきませんね。